遺品整理・不用品整理片付けサービス

  • 京都・大阪・滋賀・奈良・その他近郊
    遺品整理・不用品片付・不要品整理べんりサービス
     
    遺品は、故人様が生前にご愛用された大切な思い出の品です。京都はなまる遺品整理サービスは、大切な思い出品をご遺族の皆様と共にお片付けを行い、故人様の思い出を大切に整理・保管・不要品に分別作業を代行させて頂きます。
    京都・大阪・滋賀・奈良 遺品整理 不用品片付け 特殊清掃 はなまる遺品整理サービス
    遺品整理サービス流れ
    矢印下
    遺品整理作業流れ 四角の集まりの矢印アイコン 京都 遺品整理 不用品回収 不要品片付け 特殊清掃 サービス遺品分別】
    故人の残されたものを丸ごとおまかせ下さい。お客様とご相談の上、品物ごとに丁寧に分けて梱包、整理いたします。
    梱包画像
    遺品整理作業流れ 矢印下 京都 遺品整理 不用品回収 不要品片付け 特殊清掃 サービス
    遺品整理作業流れ 四角の集まりの矢印アイコン 京都 遺品整理 不用品回収 不要品片付け 特殊清掃 サービス不用品のお片付け】
    遺品の中の不要な大型ゴミ、庭ゴミ、大量なゴミ等も遺品分別後、お片付け致します。
    ごみ屋敷画像
    遺品整理作業流れ 矢印下 京都 遺品整理 不用品回収 不要品片付け 特殊清掃 サービス
    遺品整理作業流れ 四角の集まりの矢印アイコン 京都 遺品整理 不用品回収 不要品片付け 特殊清掃 サービス清掃】
    お荷物が出てしまった後、簡易の清掃を行います。状態、ご希望により壁紙クロス・カーペットなどの張替えも行わせて頂きます。
    ハウスクリーニング作業後画像
    遺品整理作業流れ 矢印下 京都 遺品整理 不用品回収 不要品片付け 特殊清掃 サービス
    遺品整理作業流れ 四角の集まりの矢印アイコン 京都 遺品整理 不用品回収 不要品片付け 特殊清掃 サービス配送】
    大切な思い出の遺品を、ご希望の場所までお届けさせて頂きます。
    貨物車荷台画像
    遺品整理・お片づけサービス料金表(税別)
    間取り 料金
    1R~1K 30,000円~
    1DK~1LDK 50,000円~
    2DK~2LDK 85,000円~
    3DK~3LDK 120,000円~
    4DK~4LDK 140,000円~
    5DK~ 160,000円~

    作業状況により異なりますので、先ずはお気軽にご相談下さい。

    ます。


    定休日:水曜日
    ※繁忙期、依頼内容により定休日でも承りますので、お気軽にご相談下さい!
    電話受付:9時~19時
    ※緊急時は時間外でもお気軽にお電話下さい
    メール受付:24時間可

    京都便利屋はなまるサービスイメージキャラクター画像相談見積もり無料です。お気軽にご相談下さい。
    ※作業中等で電話に出られない場合があります。

    TEL 075-631-1605
    メールフォーム
    ご予約はこちら
    予約画面へすすむ案内画像

     

     


    遺品整理豆知識 

    豆知識①
    優れた適正な費用の遺品整理業者を見つける方法。

    遺品整理業者の費用を抑えすぎようとすると、良くない業者になる恐れがあります、
    しかし、いかに優れた遺品整理業者ということでも高すぎる費用であれば満足できないでしょう。
    ここでは、優れた適正な費用の遺品整理業者を見つける方法についてご紹介しましょう。

    ●候補から不用品回収業者は除外する
    不用品回収項目が遺品整理業者の公式サイトのサービス内容にあれば、候補からその業者は除外しましょう。
    というのは、その業者は遺品整理業者ではなく、不用品回収業者であるためです。
    不用品回収業者の場合は、雑に遺品をよく扱うので不快な思いになります。

    ●トータル額が記載されているか
    遺品整理業者の公式サイトに費用の相場や目安でもいいので、トータル額が必ず記載されているところをいくつか候補としてリストアップしましょう。

    ●近くの遺品整理業者は選ばない
    遺品整理を実際に行なう現場から、遠からず、近からずの遺品整理業者を選びましょう。
    普通に考えれば近い遺品整理業者を選ぶといいと考えられがちですが、近すぎる場合は知り合いの人が作業者の中にいたりして、余計な噂が立つ場合があるためです。

    また、近い場合には、段取りもいつもと違ってくるため傾向的に散漫な作業になるようです。
    一方 遠すぎる遺品整理業者の場合は、高速代や移動する時間などのためにやはり割高になる場合があるため止めましょう。
    半径40キロくらいがこの判断の距離になるでしょう。
    この距離より遠い遺品整理業者は候補より除外しましょう。

    ●見積りとキャンセルが無料か
    良くない遺品整理業者の中には、見積もりは作業を実際に頼んだ場合だけ無料のところもあります。
    遺品整理をもし頼まないと、見積り料の法外なものを請求されます。
    また、キャンセルする時期によっては、見積もり料が発生する場合もあるため、この時期をチェックしましょう。
    例えば、無料になるのは遺品整理の作業をする前の日までで、キャンセル料が当日は掛かるなどです。

    豆知識②

    遺品整理をする前にチェックしておくべきこと

    自分の親が亡くなったのでいつかは親が暮らしていた部屋の遺品整理をしようと思っていても、どのようなことから手を付けるといいか分からない人もいるのではないでしょうか。
    このような場合には、遺品整理がなかなか進まないでしょう。

    ここでは、遺品整理をする前にチェックしておくべきことについてご紹介しましょう。
    遺品整理をする際には、ぜひ参考にしてみましょう。
    亡くなった人に対して名残惜しさ非常にあり、気持ちが中途半端で、遺品整理をしても作業がなかなか進まなくて、時間のみがかかります。
    そのため、次にご紹介することをチェックした後、遺品整理を始めましょう。

    ●気持ちが前向きである
    亡くなった人に対する想いを遮断する必要はありません。
    遺品整理をすることが、どうしても亡くなった人を裏切るのではないかというような気持ちになりがちです。
    しかし、そのようなことは決してありません。
    というのは、遺品整理と気持ちは同じではないためです。
    しかし、遺品整理をする際には、少しでも気持ちが前向きになって、亡くなったのを受け入れることが必要です。

    ●迷った場合には時間を置く
    一旦、気持ちが前向きになったということでも、遺品整理を必ずする必要があるということでもありません。
    もし、遺品整理に迷った場合には、作業を一度中断して、気持ちが再度落ち着いてから作業を始めることでも問題ありません。
    そして、遺品整理は時間を置いてからまた始めるといいでしょう。

    ●処分を廃棄物として行う覚悟をする
    取り置きする思い出の品や貴重品以外の遺品は、リサイクル品に一部なる場合もあります。
    しかし、ほとんどの遺品は処分が廃棄物として行われます。
    実際には、別の不用品と廃棄物を処理する工場で一緒に圧縮された後、地中深く埋立するところに埋められます。
    遺品整理を始める前には、この覚悟をしておきましょう。
    ここでご紹介したようなことを、遺品整理を始める前には十分に考えておきましょう。

  • 豆知識③
  • 安く遺品整理を行う方法
    遺品整理をする場合には、業者に頼むのがおすすめです。
    しかし、優れた遺品整理業者に後悔しないように頼んだ場合には、やはり費用がそれなりにかかります。
    遺品整理業者に頼む費用が、個人によっては非常に負担になる場合もあるでしょう。
    ここでは、安く遺品整理を行う方法についてご紹介しましょう。
    遺品整理を行う場合には、ぜひ参考にしてみましょう。●遺族で一部の一次分別作業を行なう
    特に、遺族自身で一部の一次分別作業を行なうと、安い料金になります。
    というのは、遺品整理作業が単純に省略できることと、思い出の品と貴重品の責任の所在のためです。
    思い出の品と貴重品を分別する作業まで頼んだ場合には、貴重品等に対しても意識する必要があります。
    そのため、作業の効率も上がらなく、責任が探せなければあるため、高い料金になります。
    そこで、遺族自身が思い出の品と貴重品の分別作業のみでもするようにしましょう。●余裕をスケジュールに持たせる
    遺品整理を一日で終了させようとすれば、多くの車両と多くの作業員がどうしても必要になります。
    この費用も負担する必要があるため、高めの料金になりがちです。
    一方、数日間遺品整理のスケジュールがあれば、スムーズに車両や作業員の手配ができるため、料金が安めになる傾向があります。
    ほとんどの人は、料金は日数がかかると高くなると考えているようです。
    しかし、むしろ料金は日数がかかると安くなることを把握しておきましょう。●遺品の量を少しでも少なくしておく
    当然ですが、遺品の量を少しでも少なくしておきましょう。
    遺品の量が少なくなると、遺品整理の料金も当然安くなります。
    具体的に遺品の量を少なくする方法としては、自宅で使うことができる、割合大きなものは持ち帰るようにしましょう。
    また、方法としては寄贈を養護施設などにするようなものもあります。
    大きな遺品を少なくすることがポイントです。
    いくら小さな遺品を少なくしても、それほど料金は違いません。